【初心者向け】エックスサーバーのプランはどれがいい?比較しておすすめを紹介!

【初心者向け】エックスサーバーのプランはどれがいい?比較しておすすめを紹介!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

エックスサーバーには「スタンダード(旧X10)」「プレミアム(旧X20)」「ビジネス(旧X30)」の3つのプランが用意されていますが、初めてレンタルサーバーを契約する方は、違いがよくわからず「どのプランを契約するのが正解なの?」と悩んでしまうかと思います。

そこで今回は、エックスサーバーのプラン選びでお悩みの初心者の方向けに、プランを比較しておすすめをご紹介します。

エックスサーバーで初心者に一番おすすめなのは「スタンダードプラン」

結論から言うと、エックスサーバーで初心者の方に一番おすすめなのは「スタンダードプラン」です。

その理由としては以下のようなものがあります。

  • ディスク容量が300GBもある
  • 月額料金が一番安い
  • 上位プランへの変更は毎月可能

スタンダードプランは月額料金が最安で、かつディスク容量が300GBもあります。また下位プランへの変更申し込みは利用期限月にしかできないのに対し、上位プランへの変更申し込みは毎月可能です。

以上のことから、初心者の方にはスタンダードプランが一番おすすめです。

mono

私は初心者の頃から現在までずっとスタンダードプランです。複数サイトを運営している今でもまったく問題なく使えています。

エックスサーバーでWordPressを始めたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。エックスサーバーの申し込み手順を画像付きでわかりやすく解説しています。

エックスサーバーのスタンダード/プレミアム/ビジネスプランに共通する仕様

エックスサーバーのスタンダード/プレミアム/ビジネスプランに共通する仕様は以下のとおりです。

初期費用
初期サーバー設定費が無料
独自ドメイン永久無料特典
取得・更新費用が無料の独自ドメインが2個もらえる
転送量
Web・メール・FTPのデータ転送量が無制限
無料独自SSL
独自ドメインを無料でSSL化できる
URLアドレス
独自ドメインを利用できる
マルチドメイン
独自ドメインの利用できる数が無制限
サブドメイン
サブドメインの利用できる数が無制限
メールアカウント
作成できるメールアカウントの数が無制限
サポート
メール・電話サポートを受けられる
WordPress簡単インストール
管理画面からWordPressを簡単にインストールできる
Webサイト高速化
Xアクセラレータ、HTTP/2、FastCGI、OPcache、ブラウザキャッシュ設定を利用できる
自動バックアップ
Webデータ・メールデータ・MySQLデータベースが過去14日分保持され、復旧用データとして利用できる

エックスサーバーのスタンダード/プレミアム/ビジネスプランの違い

エックスサーバーのスタンダード/プレミアム/ビジネスプランの違いは以下のとおりです。

  • 月額料金
  • CPU・メモリの保証値
  • ディスク容量
  • 永久無料ドメインの付与条件・種類
  • 無料設定代行の有無
  • Web改ざん検知の有無
  • 管理者ユーザー設定の有無
  • プラン変更のタイミング

違い1:月額料金

契約期間スタンダードプレミアムビジネス
3ヶ月1,320円2,640円5,280円
6ヶ月1,210円2,420円4,840円
12ヶ月1,100円2,200円4,400円
24ヶ月1,045円2,090円4,180円
36ヶ月990円1,980円3,960円
※税込み ※支払いは契約期間分の一括前払い

エックスサーバーの月額料金は、スタンダードプランがもっとも安く、ビジネスプランがもっとも高いです。なお、どのプランも契約期間が長いほど安くなります。

たとえば、「36ヶ月」で契約した場合の年間支払額は以下のようになります。

  • スタンダード:990円×12ヶ月=11,880
  • プレミアム:1,980円×12ヶ月=23,760
  • ビジネス:3,960円×12ヶ月=47,520

違い2:CPU・メモリの保証値

スタンダードプレミアムビジネス
CPU6コア8コア10コア
メモリ8GB12GB16GB

エックスサーバーは、サーバーを共有する他ユーザーの影響でサイトの表示速度が低下することがないよう、アカウント単位でCPU・メモリを保証しています。

CPU・メモリの保証値は、1つ上のプランに上がるごとに2コア/4GB増えます。

違い3:ディスク容量

スタンダードプレミアムビジネス
ディスク容量300GB400GB500GB

ディスク容量とは、サーバーに保存可能なデータ容量のことです。ディスク容量は、1つ上のプランに上がるごとに100GB増えます。

mono

経験上、100記事規模のサイト1個でも消費する容量は5GB程度です。

違い4:永久無料ドメインの付与条件・種類

エックスサーバーは、どのプランも特典として永久無料ドメインが2個もらえますが、もらえる条件やトップレベルドメインの種類がプランによって異なります。

スタンダードプランの場合

スタンダードプランの場合、新規契約の方は「12ヶ月」以上で、契約済みの方は「24ヶ月」以上で契約したうえで、「自動更新設定」を有効化にする必要があります。

取得可能なトップレベルドメインは以下のいずれかです。

.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .online / .site

プレミアムプランの場合

プレミアムプランの場合、付与条件は特にありません。

取得可能なトップレベルドメインは以下のいずれかです。スタンダードプランで取得可能なものに「.jp」がプラスされます。

.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .online / .site / .jp

ビジネスプランの場合

ビジネスプランの場合、付与条件は特にありません。

取得可能なトップレベルドメインは以下のいずれかです。ビジネスプランで取得可能なものに「.co.jp」「.or.jp」「.ne.jp」「.gr.jp」がプラスされます。

.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .online / .site / .jp / .co.jp / .or.jp / .ne.jp / .gr.jp

違い5:無料設定代行の有無

スタンダードプレミアムビジネス
無料設定代行なしなし3回/月

エックスサーバーでは、ビジネスプランに限り、WordPressのインストールやサーバー移転などの各種設定を無料代行してもらえる「無料設定代行」を、毎月3回まで利用できます。

なお、有料にはなりますが、設定代行サービス自体はスタンダードプランやプレミアムプランでも利用可能です。

違い6:Web改ざん検知の有無

スタンダードプレミアムビジネス
Web改ざん検知なしなしあり

エックスサーバーでは、ビジネスプランに限り、サイトの改ざんやマルウェアが確認されたときにメールで通知してもらえる「Web改ざん検知」が利用できます。

違い7:管理者ユーザー設定の有無

スタンダードプレミアムビジネス
管理者ユーザー設定なしなしあり

エックスサーバーでは、ビジネスプランに限り、複数人でのサーバー管理が可能な「管理者ユーザー設定」が利用できます。

違い8:プラン変更のタイミング

エックスサーバーのプラン変更は、上位プランへは「毎月」1~20日に、下位プランへは「利用期限月」の1~20日に申し込み可能となっています。

利用期限月とはサーバーの更新期限月のことですので、長期契約すると下位プランへはしばらく待たないと変更できません。

なお、いずれも変更申し込み月の翌月1日からプランが変更されます。

まとめ

今回は、初心者の方向けにエックスサーバーのプランを比較しておすすめをご紹介しました。

エックスサーバーのプランは、月額料金やディスク容量、プラン変更のタイミングなどで違いがあります。その違いを踏まえたうえで初心者の方におすすめなプランは「スタンダードプラン」です。

スタンダードプランなら、月額990円(36ヶ月契約の場合)と全プラン中最安で続けやすいですし、300GBという初心者にとっては十分すぎるディスク容量が用意されています。また上位プランへの変更は月単位で可能という点もおすすめする理由の一つです。

エックスサーバーでWordPressを始めたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。エックスサーバーの申し込み手順を画像付きでわかりやすく解説しています。