【初心者向け】WordPressの記事の投稿方法をわかりやすく解説!

【初心者向け】WordPressの記事の投稿方法をわかりやすく解説!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

WordPressの初期設定が済んだら、あとはひたすら記事を書いていくだけです。

でも、初めてだと投稿するまでの流れやエディタの使い方がよくわからなくて、なかなか手が進まないですよね。

そこで今回は、WordPressの記事の投稿方法を画像や動画でわかりやすく解説します。

WordPressのエディタの種類

WordPressで記事を書くときに使うエディタには、「ブロックエディタ」と「クラシックエディタ」の2種類があります。

まずはこの2つのエディタについて簡単に説明しますね。

ブロックエディタ

ブロックエディタの編集画面

ブロックエディタとは、見出し、段落、画像などの記事を構成する要素を、ブロック単位で管理できるエディタのことです。WordPress 5.0(2018年12月7日リリース)から標準エディタとなりました。

各要素の移動やカスタマイズが簡単にでき、HTMLやCSSの知識がない方でも記事を書きやすいのが特徴です。

最近のテーマはブロックエディタ向けに開発されているので、特別な理由がない限りブロックエディタを使ったほうが良いでしょう。

mono
mono

この記事では、ブロックエディタを使うことを前提とした記事の投稿方法を解説しています。

クラシックエディタ

クラシックエディタの編集画面

クラシックエディタとは、WordやGoogleドキュメントで文書を作成する感じで記事が書けるエディタのことです。ブロックエディタの前はクラシックエディタが標準エディタでした。

クラシックエディタには「ビジュアルエディタ」と「テキストエディタ」があり、ビジュアルエディタでは実際の表示を確認しながら記事を書くことが、テキストエディタではHTML構造を確認しながら記事を書くことができます。

ビジュアルエディタの編集画面
テキストエディタの編集画面

現在の標準エディタはブロックエディタですが、「Classic Editor」というプラグインをインストール・有効化すると、クラシックエディタを使えるようになります。

ただ、前述のとおり最近のテーマはブロックエディタ向けに開発されています。テーマによってはクラシックエディタだと本来のテーマの機能が使えなかったりするので注意しましょう。

ブロックエディタの基本的な使い方

ブロックエディタの使い方は初見だとやや難しいです。

そこで、ブロックの追加や移動など、ブロックエディタの基本的な使い方を解説します。

ブロックを追加する

ブロックを追加するには、追加先の上のブロックがアクティブな状態でヘッダーメニューバーの「+」アイコンをクリックし、ブロック一覧から追加したいブロックを選択します。すると、アクティブなブロックの下に選択したブロックが追加されます。

よく使うブロックは、追加したブロックとブロックの境目あたりにカーソルを持ってくると表示される「+」アイコンからも追加できます。

なお、ブロックは以下のように目的に応じて使い分けます。

  • 文章 → 段落ブロック/クラシックブロック
  • 静止画・GIF → 画像ブロック
  • 見出しH1~H6 → 見出しブロック
  • 箇条書き・順序付きリスト → リストブロック
  • 表 → テーブルブロック
  • 文章や画像の引用 → 引用ブロック
  • プログラムのソース・コード → 整形済みテキストブロック

ブロックを移動する

ブロックを移動するには、移動したいブロックがアクティブな状態でブロックツールバーの「∧」または「∨」をクリックします。

ブロックツールバーの「︙︙」アイコンをドラッグ&ドロップすることでも移動できます。移動先までドラッグし、青い線が表示されたらドロップしましょう。

ブロックをカスタマイズする

ブロックをカスタマイズするには、カスタマイズしたいブロックがアクティブな状態でブロックツールバーまたは右側メニューバーの設定を変更します。

MEMO

右側メニューバーが表示されていない場合は、ヘッダーメニューバーの歯車アイコンをクリックしましょう。

WordPress

ブロックを複製する

ブロックを複製するには、複製したいブロックがアクティブな状態で[Ctrl]+[Shift]+[D]を押します。

ブロックツールバーの「︙」アイコン⇒「複製」でも複製できます。

ブロックを削除する

ブロックを削除するには、削除したいブロックがアクティブな状態で[Shift]+[Alt]+[Z]を押します。

ブロックツールバーの「︙」アイコン⇒「○○を削除」でも削除できます。

複数のブロックを選択する

複数のブロックをまとめて操作したい場合で、それらのブロックが連続している場合は、最初のブロックをクリックしたあと、[Shift]を押しながら最後のブロックをクリックします。

WordPressの記事の投稿方法

WordPressで記事を投稿するまでの流れは以下のとおりです。

  1. 記事の編集画面を開く
  2. 記事のタイトルと本文を入力する
  3. 記事の細かい設定をする
  4. 記事をプレビューで確認する
  5. 記事を投稿する

手順1:記事の編集画面を開く

まずは記事の編集画面を開きます。「投稿」⇒「新規追加」を選択します。

WordPress

以下のような画面になればOKです。

WordPress

手順2:記事のタイトルと本文を入力する

記事の編集画面を開いたら、次は記事のタイトルと本文を入力します。

タイトルは「タイトルを追加」をクリックすると入力できます。

本文はブロックを追加して作成しましょう。「ブロックエディタの基本的な使い方」を参考にしてみてください。

手順3:記事の細かい設定をする

記事のタイトルと本文を入力したら、次は記事の細かい設定をします。

記事の細かい設定をするには、まずヘッダーメニューバーの歯車アイコンをクリックし、右側メニューバーの「投稿」タブを開きます。

WordPress

パーマリンクを設定する

WordPressの初期設定でパーマリンクの設定を「投稿名」にした場合は、パーマリンクを設定する必要があります。パーマリンクを設定すると、記事のURLが「https://ドメイン名/パーマリンク」となります。

パーマリンクを設定するには、右側メニューバーのURLをクリックし、「パーマリンク」に記事内容を表す英単語1~5個程度を「-」区切りで入力します。

WordPress
MEMO

URLをクリックしてもパーマリンクの入力欄が表示されない場合は、ヘッダーメニューバーの「下書き保存」をクリックしましょう。

WordPress

カテゴリーを設定する

あらかじめカテゴリーを作成している場合は、右側メニューバーの「カテゴリー」を開き、その記事が属するカテゴリーにチェックを付けます。

WordPress

カテゴリーの作成がまだの方は、「カテゴリーの設定」を参考にしてみてください。

アイキャッチ画像を設定する

アイキャッチ画像とは、記事一覧や記事タイトルの下に表示される画像のことです。

アイキャッチ画像を設定するには、まず右側メニューバーの「アイキャッチ画像」を開き、「アイキャッチ画像を設定」をクリックします。

WordPress

するとメディアライブラリが表示されるので、アイキャッチ画像にしたい画像を選択するか、「ファイルをアップロード」タブを開いてアイキャッチ画像をアップロードします。

WordPress
MEMO

アイキャッチ画像の推奨サイズはテーマによって異なりますが、SNSで共有されたときの表示を考えると1200×630pxが理想です。

手順4:記事をプレビューで確認する

記事の細かい設定をしたら、次は記事をプレビューで確認します。

ヘッダーメニューバーの「プレビュー」をクリックし、「新しいタブでプレビュー」を選択します。

WordPress

すると実際にその記事がどのように表示されるか確認できます。修正したいところがある場合は編集画面に戻って修正しましょう。

WordPress

手順5:記事を投稿する

記事をプレビューで確認して問題がなければ、記事を投稿します。まずヘッダーメニューバーの「公開」をクリックします。

WordPress

確認画面が表示されるので、もう一度「公開」をクリックします。これで記事の投稿は完了です。

WordPress

WordPressの記事の種類

WordPressの記事タイプには、「投稿」と「固定ページ」の2種類があります。

最初はこの2つをどう使い分けたら良いかわからない方も多いと思いますので、それぞれの特徴や使いどころをご紹介します。

投稿

投稿とは、カテゴリーやタグを設定できる記事タイプのことです。カテゴリーで分けたい記事やタグ付けしたい記事は投稿で作成するのが適しています。

投稿で作成した記事はフィードで配信されるため、公開したことをユーザーに知らせたい記事も投稿で作成すると良いでしょう。

MEMO

フィードとは、Webサイトの新着記事のタイトル、更新日、要約などの情報をまとめたデータのことです。フィードリーダーに好きなWebサイトのフィードを登録しておけば、そのサイトにアクセスしなくても新着記事があるかどうか確認できます。

固定ページ

固定ページとは、カテゴリーやタグを設定できない記事タイプのことです。プライバシーポリシーやお問い合わせページなど、カテゴリーやタグを設定する必要がない記事は固定ページで作成するのが適しています。

ちなみに固定ページは記事ごとに異なるデザインテンプレートを設定することも可能です。たとえば、サイドバーなしの1カラムにできたり、トップページ用にタイトルの出力をなしにできたりします。

まとめ

今回は、WordPressの記事の投稿方法を解説しました。

記事を投稿するまでの流れは以下のとおりです。

  1. 記事の編集画面を開く
  2. 記事のタイトルと本文を入力する
  3. 記事の細かい設定をする
  4. 記事をプレビューで確認する
  5. 記事を投稿する

ブロックエディタは最初は難しく感じると思うので、慣れるまでは「ブロックエディタの基本的な使い方」を参考にしてみてくださいね。